おすすめなおまとめローンの選び方

おまとめローンを提供している金融機関によっては、その商品内容が違っているということに注意が必要です。(おまとめローンとは「おまとめローン」という名前でも実は借り換えができるカードローンの場合もありますし、他社の借り入れを完済後は、ローンの全額が返済専用になるものもあります。そうした「非極度型」ローンでは追加で借り入れをすることが難しいため、無理な返済計画で生活が厳しくなってしまうこともあります。おすすめなおまとめローンは、ある程度自由度が確保されたものです。例えば預金口座に預けているお金は返済されたものとして扱ってくれる金融機関があります。そうしたローンでは無理に随時返済をしなくても利息負担を圧縮することができ、預金口座にあるお金ですので、自分の好きなときに引き出すこともできます。

非極度型のローンでもこうした自由度があれば、計画的に利息負担を減らすことが可能です。銀行系のおまとめローンは審査が厳しいため、もしたくさんの借り入れがありすぎて契約が難しい場合は、一度消費者金融でまとめるのもおすすめです。消費者金融は借り換えに積極的なところが多いため、借り入れ件数を減らすのにはとても有効活用することができます。消費者金融でもまとまった金額で借り入れをすれば、それだけで金利の負担が小さくなることがあります。100万円以上の限度額になれば金利は自動的に15%以下に下がりますので、特にクレジットカードのキャッシングや、18%近い金利で借りている少額のローンをまとめるのに利用することができます。ただし消費者金融では基本的には収入の3分の1までしか借りることができませんし、総量規制の例外として「借主に一方的に有利な契約」であるかどうかを判断してもらうためには手間がかかります。銀行のローンはやや敷居が高いので、一度少額の物を1つの会社でまとめてから、有利な条件で返済計画を立てられるローンに切り替えていくのが良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク