ビットコインについて

兵士に「王様、モナコインを知るにはビットコインを知ってください」と言われてしまったのでビットコインについて勉強しようと思う。

ビットコインはなんでも最初に生まれた仮想通貨であり、価格は一番高く、昨年末から100万円以上の価格帯にいることが多いと聞いた。これは王様、興味を引かれた。

少し話はずれるが、ビットコインからライトコインが生まれ、ライトコインのシステムを尊重してできたのがモナコインということ。大元のビットコインを知らないでモナコインを語ってはいけないと言われた理由がよくわかった。

ビットコインの仕組み

ビットコインや仮想通貨がお金として信用されている理由はブロックチェーンだ。ブロックチェーンはP2Pの分散型サーバーを応用しており、開発者が自前のサーバーで運用しているわけではないのが大きな特徴。国家で言えば政府が中央集権的に通貨を発行しているのだが、ビットコインはそうではない。

マイニングという仕組みが新規発行に繋がっているのだ。マイニングとは送金の際に本当にその取引が正しいのかという認証をするために、誰でも参加できるお手伝いのような仕組みのこと。参加者たちはコンピュータを使い膨大な計算をし、一番早く計算をしたものに報酬としてビットコインを与えている。これも中央集権を避けた仕組みの一環である。

中央集権は信用できない?

これはビットコインに限らないが、発展途上国など独裁国家の国民は誰よりもこれを感じているのだ。独裁国家はその昔お金を流通させて貧困を脱却しようとして、多くのお金を刷りハイパーインフレになった結末がある。

ビットコインはそもそもハイパーインフレにならないように発行上限数を2100万枚と決めている。これはあとから変更ができない仕組みだ。インターネットでのお金を法定通貨以上に認めてもらうには中央集権ではなく分散型であり、開発者があとから仕組みを修正できないシステムがとても大事だと分かる。

カテゴリー: ビットコイン パーマリンク