王様がモナコインとはについて調べた

モナコインはライトコインがベースとなって開発された仮想通貨です。モナコインの猫のモチーフはひろゆき氏が作った2チャンネルのアスキーアートから採用されている。

発行上限数はビットコインの5倍の1億512万枚で、送金も90秒ほどで完了。開発者はワタナベ氏というライトコインなどのマイニングプールを運営していた人物です。TwitterなどのSNSにも露出していないので、情報が出回っていません。

モナコインはシンプルでありながら開発が止まっていません。最近では個人間でも相手を信用せずに取引が行えるアトミックスワップが実装されました。アトミックスワップができれば取引所の必要性もなくなり、アトミックスワップが実装されている仮想通貨同士で取引が可能になります。取引所でBTC建てやイーサリアム建てが出来ているのは、取引所が仲介に建っているからできているのです。

前の記事でも少し書きましたが、モナコインはなんといってもコミュニティです!Ask Monaなどのモナコインユーザーが会話できる場所があるということがとても大きいです。残念ながらモナコインは現在落ち着いていますが、送金手数料が低いことや、送金スピードが速いので決済手段としてはとても優れているのです。また「もにゃ」というスマホ用のウォレットアプリも個人開発で生まれています。

これからのモナコインコミュニティがどう進化していくか楽しみなところですね。

カテゴリー: モナコイン パーマリンク