モナコインの原型であるライトコインについて調査

ライトコインとは

2011年10月に、もともとGoogleのエンジニアであったチャーリーリー氏がライトコインを公開しました。ビットコインに次ぐ仮想通貨を目指すため、ビットコインの送金が10分かかることに対し、ライトコインは4分の1の2分半で送金が可能です。総発上限枚数は送金時間を考慮し、ビットコインの4倍の8,400枚としている。

ライトコイン(Litecoin)とは完全分散型であり、ビットコインと同じプルーフオブワークのアルゴリズムを採用しています。2017年は12月以前から高騰した時期もあります。ライトコインはアメリカの取引所であるGDAXで人気になり、価格が上がったことが考えられます。調査したところ最近では中国のOKExがライトコイン取引高で1位を記録しています。

ライトコインのマイニングは?

ビットコインマイニングは消費電力が問題とされ、地球にやさしくないと叩かれることがよくありますが、ライトコインマイニングは個人の一般的なコンピュータでも採掘が可能です。消費電力も抑えてできるので、ビットコイン比べて電力コストは安くできます。

ライトコインとモナコインの違い

マイニング報酬の半減期が違います。ライトコインは4年に1度ですが、モナコインは3年に1度のアルゴリズムです。また上限数はライトコインは8400万枚で、モナコインは1億512万枚です。送金スピードはモナコインの方が速く、ライトコインより1分ほど承認時間が短縮されています。

モナコインのファンもよく言っていますが「モナコインは送金も速く、手数料もほとんどかからないから決済に向いている!」という発言が目立ちます。

モナコインの将来性

仮想通貨決済に特化したスマホアプリ「もにゃ」が広く知れ渡れり、モナコイン決済が多くのお店に導入されればモナコインの価値は上がっていきます。モナコインの開発は止まっていませんが、開発者であるワタナベ氏は公に露出をしていませんので、同行が不透明です。他のNEMやリップルのようにロードマップを出して計画性をアピールしてくれると嬉しいのだが。王様は今日もモナコインの将来性について考えるのであった。

カテゴリー: ライトコイン パーマリンク